コンテンツへスキップ フッターへスキップ
Search

Loading Results

対談:スタートアップ企業への投資可能性とその意義〜ニューノーマル時代、DX化も見据えたビジネス基盤を築くために〜

人工知能やロボット、IoT(Internet of Things)など最新技術の台頭は、さまざまな業界に破壊的なイノベーションと新たなビジネスのチャンスをもたらしました。この潮流をつかみ、ビジネスを加速させるためには、スタートアップ企業に代表される広範なプレーヤーとの協業が不可欠です。では、日本企業がスタートアップ企業を取り巻く世界の趨勢を見極め、スタートアップ企業との協業を成功させるためには何が必要なのでしょうか。米国のシリコンバレーに拠点を構えるベンチャーキャピタルのDNX Venturesで、インダストリー パートナーとして活躍する山本 康正氏を迎え、お話を伺いました。(服部)

服部 真

PwCコンサルティング、Strategy&のパートナー。約15年にわたり、総合商社、産業材メーカー、エネルギー企業、建設企業等に対し、全社戦略、事業戦略、M&A戦略立案および実行支援のプロジェクトを手がけてきた。近年はスタートアップ投資に関わるビジネスデューデリジェンスにも取り組んでいる。

山本 康正

DNX Ventures インダストリー パートナー 

東京大学で修士号取得後、三菱UFJ銀行ニューヨーク米州本部に就職し、債券、デリバティブの分析に携わる。ハーバード大学大学院で理学修士号を取得後、米Googleに入社し、フィンテックやAI(人工知能)などで日本企業のデジタル活用を推進する。ハーバード大学客員研究員。日米のリーダー間にネットワークを構築するプログラム「US-Japan Leadership Program」諮問機関委員、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 事業カタライザー。2018年よりDNX Ventures インダストリーパートナー。京都大学大学院総合生存学館特任准教授。著書に『シリコンバレーのベンチャーキャピタリストは何を見ているのか』(東洋経済新報社)、『次のテクノロジーで世界はどう変わるのか』(講談社現代新書)などがある。

(左から)服部 真、山本 康正氏


Strategy& Foresight

ストラテジーアンド・フォーサイトは、PwCネットワークの戦略コンサルティングチームStrategy&が、経営戦略についてのさまざまな課題をテーマに、経営の基幹を担われている皆さまに向けて発行する定期刊行物です。日本企業の方に興味を持っていただけると思われる記事をリーダーシップチームのメンバーが執筆、また欧米で刊行している季刊ビジネス誌「strategy+business」およびグローバルで刊行している冊子や調査報告書の中から抄訳し、ご紹介させていただいております。

Follow us