物流/運輸

新技術を取り入れ、顧客に新しいサービスを

物流業界の顧客は以前よりも早く商品を送り、受け取ることを期待しており、世界の物流企業にとって課題となっています。自動化、人工知能、ロボット、その他の新興技術は、航空、鉄道、海運、旅行・観光など業界を超えて人、モノ、サービスの流れを変化させています。Strategy&は1914年にイリノイ州の鉄道会社に初めてプロジェクトを提供して以来、物流会社の変革を支える主要なパートナーであり続けています。

事例紹介

アジア物流企業向けEC戦略の展開

米国におけるECのラストワンマイル物流市場の爆発的な成長に基づき、アジアの物流企業がフルフィルメントとリバース・ロジスティクス市場への投資に関心を示しました。

Strategy&は、包括的な米国の市場調査と業界分析を行い、クライアントが競争優位を築くのに必要なKSF(Key Success Factor)とケイパビリティを特定しました。

Strategy&はその上で提供すべき新製品・サービスの特定、オペレーティング・モデルと市場リスク、競争リスクの評価を行った上で、具体的にいつ、どのように市場に参入すべきか、実行可能なレベルまで具体対価下詳細な提言を行いました。

 

View more

グローバル展開する物流企業のデジタル戦略構築

いくつかの新しく機敏な競合他社が台頭し、新技術の成長が見込まれる中で、物流業界で長い歴史を持つ総合物流企業は長期的なデジタル戦略を積極的に開発したいと考えていました。

Strategy&は、クライアントが技術を活用して市場を拡大し、コスト競争力を高めながら同時にサービス水準を向上させることを可能にするために、5年間の中期戦略を策定することに取り組みました。

クライアントと協力して、既存の取り組みを可視化・具体化するとともに、特定された市場と自社ケイパビリティのギャップに基づき新たな事業機会を補完しました。

Strategy&が推薦した方針は、特にNPVやTSRを含む定量的な分析を重視し、クライアントの総合物流企業から大いに評価されました。その後、クライアントと協力してロードマップと社内コミュニケーション戦略を策定し、主要な経営幹部や取締役も巻き込む形で戦略が実行に移されました。

View more

英国鉄道会社のイノベーションケイパビリティの評価

英国の鉄道を管轄する機関は、鉄道会社が自社の戦略と技術のビジョンを含むイノベーションケイパビリティが不足していることについて認識することを望んでいました。

Strategy&は、鉄道会社がイノベーションケイパビリティのレベルを測定できるクラウドベースの自己評価ツールの開発とパイロットを支援し、6つの主要テーマでイノベーションを定義するフレームワークを策定しました(競争環境、戦略との整合性、内部のイノベーション活動、外部のイノベーション活動、組織、文化)。

結果として自己評価ツールとフレームワークの活用によりケイパビリティの不足を可視化し、一方で同時に鉄道会社が戦略・技術についてのケイパビリティ向上に関わる施策の検討をすることで会社の改善を進めました。

View more

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? '結果' : '結果'}}
{{contentList.loadingText}}

お問い合わせ先

坂野 俊哉

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

服部 真

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Follow us