オペレーション戦略

テクノロジーが可能にする新しいオペレーション手法

Industry4.0における、より複雑で柔軟性の高いサプライチェーンに対する継続的な取り組みによって、デジタル化の可能性は圧倒的であるように見えるかもしれません。アドバンストアナリティクス、人工知能と機械学習、ロボティクス、ソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)―戦略的優位性をもたらすオペレーティングモデルを実現するために、これらのテクノロジーをどのようにコヒーレンス(一貫性)がある形に統合すればよいでしょうか。

Strategy&はまさにその支援をします。私たちはクライアントとチームを組んで、既存のケイパビリティの変革を支援します。初期段階から適切に問題を解決し、将来に向けた回復力を築きます。オートメーションの構築、生産性の向上、コストの削減、成長スピードの加速により、生産の効率化、顧客満足度の向上、そして企業文化の強化を可能にします。PwCのネットワークと協働し、描いたビジョンを現実化します。これがまさに私たちのサービスです。戦略が現実のものになるのです。

戦略的サプライチェーンマネジメント

サプライチェーンマネジメントをクライアント事業における戦略的イネーブラーに換えることで、競争力のある価格、価値、サービスプロファイルを備えたサプライベースを構築することが重要になります。

サービス例:

  • デジタル調達
  • 戦略的ソーシング
  • 調達オペレーティングモデル(組織、プロセス、ガバナンス)
  • カテゴリー戦略・管理
  • 直接材料費のデザイン・トゥ・バリューおよびあるべきコスト
  • 仕入先との関係、リスクおよび業績管理
  • 複雑な調達の支援
  • 契約管理と価値実現
  • 調達に関する高度な分析

生産

生産戦略と全社戦略に結びつけることにより、差別化された中核のケイパビリティに焦点を当て、クライアントの市場における競争優位性につなぎます。

サービス例:

  • デジタルマニュファクチャリング
  • 生産戦略
  • 内外製区分とネットワーク構成
  • 技術の選択
  • 生産拠点の設計
  • 生産のための設計
  • 生産+K10オペレーティングモデル
  • モノづくりの卓越性と実践

サプライチェーン

クライアントの市場ニーズに合わせたエンドツーエンドのサプライチェーンを開発することで、最新のデジタル技術を活用し、サービスレベル、費用および資産効率、柔軟性の面で競争優位性を提供することができます。

サービス例:

  • デジタルサプライチェーンの設計と分析
  • エンドツーエンドのサプライチェーン戦略とオペレーティングモデル
  • 統合的な事業計画と実施
  • サプライチェーンネットワークの再設計
  • 物流、輸送、配送の最適化
  • 棚卸資産と運転資本の最適化
  • リバースロジスティックス(販売後物流)
  • サプライチェーンリスクマネジメント
  • 持続可能なサプライチェーンマネジメント

固定資産

私たちは、クライアントと協働し、固定資産の戦略立案をし、ミッションクリティカルな資本プロジェクトの期限内・予算内実行を支援します。さらに、コストおよびサービス面での目的達成のために資産のパフォーマンスを最適化します。

サービス例:

  • デジタル資産管理と予測分析
  • 固定資産戦略とポートフォリオマネジメント
  • 資産のライフサイクル管理
  • プロジェクトのガバナンス、報告、リスク管理、保証
  • 統合プロジェクト技術
  • 全社的な資産管理
  • 資産と業務の統合管理
  • 資産の信頼性とパフォーマンスの向上

全社的なオペレーショナルエクセレンス

私たちは、戦略的プログラムを設計・実行し、プロセス、行動の変化、およびデジタル化に焦点を当て、オペレーションを競争優位性に変えます。

サービス例:

  • 全社的なサービス戦略とオペレーティングモデル
  • 一般管理費の戦略的削減
  • 一般管理のあり方の変革(人・プロセス・技術)
  • フロント、ミドル、バックオフィスのパフォーマンス改善
  • インテリジェント・プロセス・オートメーション
  • パフォーマンス最適化戦略
  • 継続的改善とリーンな変革
  • ローンチ管理とメンテナンスシステムの最適化
  • サービスおよび間接部門のオペレーションエクセレンス
  • エネルギー消費の最適化
  • オペレーションKPIのカスケード表示と報告
  • 生産および管理体制
  • Industry 4.0ソリューションの導入
  • グローバルオペレーティングモデルの設計

製品価値管理

私たちは、クライアントが技術面と営業面の双方で、製品価値を高め、製品コストを削減するとともに製品価値管理組織の設立を支援しています。

サービス例:

  • 競合他社のチームダウンとベンチマーク
  • 価値ベース要件エンジニアリング
  • デザイン・トゥ・バリュー
  • 価値工学
  • コストモデリングを含むべきです。仕入先交渉支援
  • PVMの組織デザイン
  • PVM研修
  • デジタルPVM
  • ソフトウェアコスト削減
  • 価値ベースの技術戦略開発

Fit for Growth

コスト改革とオペレーション改善によって成長を実現

あなたの会社は、今日ビジネスが直面している重大な課題に取り組む準備ができていますか?

Fit for Growth*は、企業がコストを戦略的に削減・再配分することでコスト削減と成長を同時に実現するアプローチであり、数々の実績により実証されています。

ニューノーマル(新常態)において成長するために、バリューチェーン全体の戦略的優先度の再検討を促し、新型コロナ危機後に力強さを増す道筋を明確にします。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}

お問い合わせ先

樋崎 充

樋崎 充

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

北川 友彦

北川 友彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

赤路 陽太

赤路 陽太

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Follow us