全社戦略・事業戦略

今こそ、ビジネスのやり方を考え直す時です。

破壊的は変革やグローバル化の進展に伴い、世界はリスクと課題に満ちています。新たな経済を定義づけていくのは、新技術と急速な変化です。これらの変化によって、企業がバリューチェーンの中でどのように行動するか、真の競争優位のためにどのようなポジショニングをとるべきかが影響を受けています。

このため、企業の中核となる組織と機能部門を再考すること、さらには新しいビジネスモデルを採用することが必要になるでしょう。

Strategy&では、体系的な戦略計画ツールと手法を用いて、クライアントが迅速に業績を向上させ、成功のためのポジショニングをとることを支援しています。私たちは一丸となって、差別化のための能力の強化成長への再投資のためのコスト削減デジタル化の活用M&Aの機会への扉を開くことに注力しています。

Strategy&の支援

全社戦略

私たちは、社内外の変化が戦略目標の進捗にどのような影響を及ぼすかを評価し、競争環境の動向を予測・分析し、クライアントの主要な能力を考慮して、クライアントの業績を向上させ、成功のためのポジションニングを築くことを支援しています。

提供しているサービスの例:

  • 本社組織の利益性
  • 全社戦略
  • 年度計画作成
  • シナリオプランニング
  • 戦略的な計画
  • ウォーゲーミング(競争シミュレーション)

自力での成長

M&Aを伴わない成長はこれまで以上に厳しく見えるかもしれませんが、私たちは実績のある戦略とPwCのグローバルネットワークの利点を最大限に活用し、クライアントが機会を最大限に活用できるようにしています。私たちは、獲得可能なマーケットシェアを自力で伸ばすための差別化能力を強化または追加することに焦点を当てています。

ポートフォリオ戦略

製品やサービスが優れているだけでは、いまや成功するには不十分です。むしろ、優れたポートフォリオ管理が必要なのです。私たちはクライアントの強みを最大限に生かし、将来の成長を加速するため、賢い投資のための支援を行っています。

Strategy&が有する洞察と手法は、ポートフォリオと経営資源が全体の目的と戦略と整合性を保ち、市場の変化に素早く対応する機動性を高めるのに役立っています。

価格戦略と利益性

製品のライフサイクルに合わせて適切な価格戦略を工夫することは、成功のために不可欠です。価格設定は、顧客、チャネル、競合他社といった、より広い市場の文脈の中で実施されなければならず、企業の全体的な戦略とも整合的でなければなりません。私たちは、クライアントの利益ある成長を支え、最適な価値獲得を行う包括的な価格戦略の策定と、その能力を構築することを支援しています。

提供しているサービスの例:

  • 価格設定と売上モデル戦略
  • 顧客ポートフォリオの利益性と最適化
  • 販売促進費、リベート、割引の効果実現

株主価値戦略

株主価値の最大化とは、最も本質的な価値の高い戦略的方向性を選択することを意味します。私たちは、基本的な価値の源泉とその原動力に関する洞察と先見性に基づいて目標を設定し、クライアントの株主価値の向上を支援しています。そして、長期的に持続可能な成長を推進する能力を、全社レベルおよび事業部門横断的に特定し、構築しています。

提供するサービスの例:

  • 好業績の維持・向上
  • 業績回復
  • EPS(一株あたり利益)とTSR(株主リターン)の乖離の解消
  • 全社レベルと事業部門レベルの乖離の解消
  • アクティビスト対応
  • M&Aの価値実現

戦略的な計画

長期的には、戦略的な計画は、戦略目標に対する自社の業績を継続的に評価し、外部の変化が自社の進捗に与える影響を知るためのベンチマークを用いることによって、大きな利益をもたらします。

私たちは、クライアントが計画と業績管理システムを構築し、維持することを支援しており、明確に定義された目的と業績評価指標が軌道に乗るよう支援を行っています。

事例紹介

「セーフティネット」病院を「選ばれる存在」に

保険未加入者や保険未加入者のための「セーフティネット」として機能していた都市型の病院は、その使命を維持することの困難さに直面していました。

私たちは、組織がミッションと地域社会に根ざした活動を活用することを支援し、患者にとってのアクセスや経験の改善と、医師と看護師の活動の自由度を高めることに焦点を当てた新たな戦略を策定しました。

私たちは病院の配置を換え、新たな能力を構築し、組織運営モデルを進化させる支援を行いました。この変革により、クライアントは10万人を超える患者に対してメディケイドサービスセンター免除を受けることができ、全ての患者セグメントでシェアを拡大し、利益率を改善することができました。

トラックメーカーによる中国合弁事業の評価

米国と欧州市場で大きな成功を収めた後、大手トラックメーカーはアジア市場の成長性を見極めたいと考え、中国の大手トラックメーカーと合弁会社設立の可能性についての討議を開始しました。

私たちは、地域や機能を横断したプロジェクト管理を行い、合弁会社のシナジー効果を最大化する方法を提案することで、クライアントが統合されたグローバル戦略を形成することを支援しました。

飲料メーカーによるプレミアム市場でのポジショニング向上

米国のアルコール飲料会社は、米国市場のプレミアム領域での比較的弱いポジションを改善しようとしていました。

私たちは、実際の成長性を分析するために、主要なポートフォリオごとにの優先順位とギャップを評価しました。

そして、クライアントの勝ちパターンとなる能力を特定し、現在のポジションとの適合性を評価し、新たな組織運営モデルを定義したうえで、新たな能力が中核事業に生かされ、価値を高める方法を定義しました。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? '結果' : '結果'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

矢吹 大介

Strategy Consulting Leader, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

三井 健次

パートナー, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

スティーヴン・ ヴェレトフゥン

パートナー, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

堤 裕次郎

パートナー, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

唐木 明子

パートナー, London, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

岸本 義之

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

Follow us