情報通信

5Gにより未踏の領域へ

超高速通信という未踏の地に私たちを導く5Gは、通信業界に新たな、かつ巨大な事業機会をもたらします。しかし、企業はネットワークの高密度化、周波数帯の追加、通信機器のアップグレードに多額の投資を行うため、長期的な成功のためにどのような機能に投資すべきかを慎重に考えなければなりません。5G時代の通信のマネタイズは、単に高速データ通信の価値だけでなく、それ以上の付加価値により消費者に課金することを意味します。

Strategy&は、クライアントと手を取り合って結果を出します。クライアントの未来をデザインするだけでなく、具体的かつ実行的な方法でクライアントと一緒に未来を構築します。私たちは、世界トップの有線、無線、ケーブル、衛星、その他の通信事業者を含むクライアントが持続的に成長するために、斬新な視点を提供し、戦略的にコストを管理し、ビジネスを差別化する支援をいたします。

事例紹介

米国の大手通信事業者の戦略的ウォーゲーム

米国の大手通信事業者は、通信のエコシステムにおける長期的な競争上の脅威に備えていました。Strategy&は、クライアントの経営戦略担当者が、米国の無線、有線、動画配信市場を横断するビジネスモデルを構築するための支援をしました。そして、起こりうるディスラプションを特定し、業界に与える財務的な影響を定量化し、起こりうる未来をシミュレーションするためのシナリオを作成しました。最後に、クライアントの上級管理職チームが競合他社の立場に立って市場をディスラプトする仮定で、オフサイトでのウォーゲームをファシリテートしました。競合の脅威を先取りし、それに対応するための戦略をシミュレーションし、業界の課題をより深く理解するとともに、クライアントの戦略を強化・拡大するための具体的なニーズを明確にしました。

IoT規制対応策の策定とポジション開発

北米の新興IoT通信サービスプロバイダーは、IoTに関する米国政府の政策策定を支援する機会に対応するため、規制戦略の策定とそのコミュニケーションプランを求めていました。Strategy&は、クライアントのリーダーシップチームと協力して、戦略的優先事項を迅速に特定し、それに関する規制上の義務を整理し、クライアントの立場をサポートするための分析手法を開発しました。分析結果はレポートに引用され、ミッションクリティカルな用途での利用も可能なネットワーク機能を含む、クライアントのユニークな技術資産とビジョンをアピールすることになりました。また、このレポートでは、クライアント独自のIoTテクノロジーの将来ビジョンを強調した、クライアントの戦略を業界に向けて公開することになり、結果的に政府の政策策定において最も多く引用された民間企業のインプットとなり、クライアントの戦略の有効性を示すものとなっています。

通信大手のグローバルアナリティクス戦略と運用モデル

トップ10にランキングする通信会社が、グローバルなアナリティクスソリューションを求めており、アナリティクス運用モデル戦略を必要としていました。私たちは、クライアントのデータ、技術、人材、スキル、企業文化、プロセスの現状分析とギャップ分析を実施しました。また、アナリティクス運用モデル(TOM)と新しい組織構造、ガバナンスモデル、チェンジ・マネジメントプランを策定しました。最後に、2カ国でアナリティクス運用モデルをパイロット展開し、パイロット後のスケールアップ戦略を策定しました。このプロジェクトの結果、その後の4年間で10億米ドルの収益増が確認され、同期間に52%のコスト削減が確認されました。さらに、製品イノベーションのスピードを2倍に向上させることができました。

通信事業者グループのOTTサービス戦略

ある通信事業者グループの戦略チームは、OTT観点で通信事業者の将来を定義するためのビジョン策定、および戦略的なオプション策定についての支援を必要としていました。クライアントは、すでに独自のコミュニケーションアプリを立ち上げ、OTTとのパートナーシップを構築し、他のOTTサービスの実験を行っていましたが、結果は限定的でした。Strategy&は、OTTエコシステム(サービス、ビジネスモデル、脅威)を分析し、通信事業者がOTTに立ち向かう取り組みを調査しました。クライアントが追求すべき戦略的テーマを導き出し、OTTの脅威による収入の減少リスクも評価しました。B2C、B2Bビジネス全体で10の戦略テーマを抽出し、通信サービス領域における戦略テーマ別の具体的アクションプランを作成しました。その結果、新しいコミュニケーションハブが定義され、開発されました。

プロダクト・サービスのスリム化プログラムの開発

自社の提供するプロダクト・サービスの複雑さに起因する非効率に悩んでいた、ある通信事業者は、そのスリム化の試みに何度も失敗していました。Strategy&は、プロダクト・サービスの削減/合理化でクライアントをサポートしました。顧客セグメントの絞り込みに加えて、レガシーとなっていたシステム、プラットフォーム、およびネットワークの廃止によるプロセスの改善に焦点を当てクライアントを支援しました。結果、プロダクトポートフォリオ、システムとネットワークの全てに大きなインパクトを与えました。58%のプロダクトと82%の毎月のプロモーションが廃止されました。さらに、陳腐化したプラットフォームにあった200のサービスのうち、78のサービスが廃止され、3つのネットワークプラットフォームが停止されました。これらの取り組みによりEBITDAは、1億米ドル以上改善しました。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? '結果' : '結果'}}
{{contentList.loadingText}}

お問い合わせ先

樋崎 充

樋崎 充

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

ジョナサン・ シャープ

ジョナサン・ シャープ

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Follow us