人材・組織戦略

変化に対応し、人々を力づけるには

人口動態の変化と、自動化、人工知能、常時接続などの新技術が相まって、リモートで機動的で柔軟なチームという戦略的組織の機会が、業界横断的に生まれつつあります。しかし、同時に、労働力の高齢化と文化的な慣性が課題となっています。

Strategy&では、変革管理の最前線でデジタル化のパワーを活用するためにクライアントと協働しています。つまり、リスクを最小限に抑えながら、真の文化的チームワークを追求しています。私たちは、人々が作り上げたいと思うような、目的主導型の企業を構築する方法について、クライアントに提案しています。

組織が従業員や利害関係者の期待に応えていない場合、その原因は、多く、複雑に絡み合う組織と、戦略が整合しないことにあります。私たちの専門家は、戦略的目標を評価し、再定義し、目的に合った事業を生み出すために必要な変革を特定し、実行することに役立っています。戦略を現実のものにする、それがStrategy&の支援です。

組織評価

未知の将来を実現する本当の解決策をもたらすために、私たちは、競合との比較において組織を理解するうえで役立つ定性的・定量的ツールを用いることから始めます。

私たちの有する専門知識の例:

  • 組織のDNA診断と評価
  • 組織の効率性と有効性の評価
  • 文化的特徴の評価
  • 意思決定権の評価
  • 高度なデータ解析
  • ベンチマーク

全社組織の変革

私たちは、実行可能な戦略という方針のもと、クライアントの組織運営モデルを最初の段階から再設計することを支援しています。これは、明確化された選択肢と、将来のための強力なビジョンに基づくものです。

提供されるサービスの例:

  • 戦略的優位性、イノベーション、効率性のための組織再編
  • 本社組織と事業部門の役割の再設計
  • シェアードサービスとグローバル・ビジネスサービスの方針
  • デジタル能力の統合と構築
  • 公式・非公式の組織運営モデル戦略策定と設計
  • 測定基準、測定指標、インセンティブの設計を含む業績管理の変革

機能組織の変革

コストを削減し、業績を改善するために、私たちは構造、プロセス、ツール、人材、文化などの側面にわたって支援をしています。

変革を実現する固有要因と障壁となる要因を評価することによって、私たちは、意識変革を促し、業績に長期的な影響を与える主要な行動を促す非公式・公式の手段を特定することができます。

得意とする分野の例:

  • デジタル能力の統合と構築
  • 販売費・一般管理費の効率化と効率化
  • 機能部門の組織運営モデルの変革と能力構築
  • プロセス全般に及ぶ機能横断的モデルの設計

文化的エンゲージメントと進化

私たちは、組織戦略アドバイザーでありベストセラー著作の多いジョン・カッツェンバックの業績に根ざした方法論やコンセプトを用いて、クライアントの文化をうまく活用し、戦略実施におけるギャップを埋めることを支援しています。

提供しているサービスの例:

  • 文化の発展と非公式組織の構築
  • リーダーシップチームの有効性
  • 変革期における重要な行動の発達
  • プライドの構築
  • 最前線組織の業績変革

コミュニケーションと変革管理

組織の変革が本当に成功するためには、それを内部化し、従業員が生かしていかなければなりません。

私たちの戦略は、組織の公式・非公式の両方の側面を含む全体的な視点で策定されています。これは、プロジェクト開始直後から実行可能な変革を推進し、長期的にビジネスを再定義する結果をもたらすものです。

事例紹介

組織再設計による米国銀行の利益性向上

ある大手地域銀行は、規制環境の変化、住宅融資債権の健全性、同業他社と比較した効率性の低さなど、多くの課題に苦しんでいました。

Strategy&は、組織のサイロを特定し、競争力のある戦い方を再定義し、収入とコストを改善する組織運営モデルを設計し、変革を持続させるための計画プロセスを通じて監督体制を構築しました。

この取り組みの結果、同行は、9億米ドルを超える効果を実現し、効率性比率を大幅に低下させ、長期的に持続可能な成長のための新たな計画プロセスを実現しました。

合併後のビジネスモデル変革

複数の小規模企業を買収した後、破産の危機に瀕している20億米ドル規模のコングロマリットは、戦略的統合、工場の合理化、ベストプラクティスの展開における支援を求めていました。

Strategy&は90日間の戦略的レビューを支援し、統合、リストラクチャリング、および新たな組織運営モデルを提案しました。私たちは、経営と意思決定プロセスの改善、価格戦略の体系化、および業務の効率性に関して同社の安定化を支援しました。

このプログラムのEBITDA(償却前・利息支払前利益)は、実施後最初の6カ月間に、ほぼ倍増しました。さらに、顧客の提供価値をサポートし、長期的な成長のために顧客を位置づけるために、私たちは営業部隊の有効性ツールと顧客サービス能力を新たに構築しました。

消費財企業の変革における大幅なコスト削減

ある欧州の消費財企業は、イノベーションへの投資による利益の低迷、市場投入スピードの不足、最終顧客とのつながりの不足など、組織の複雑さに根ざした重大な課題に直面していました。

Strategy&は、10億米ドル以上の構造的な削減を実現するための野心的なプログラムを支援しました。

私たちは、IT、財務、人事、マーケティング、サプライチャネルを横断する組織プロセスを合理化し、コスト管理能力を構築し、生産性とコスト意識の概念を導入し、マトリックス構造を簡素化し、能力と戦略を裏付ける組織運営モデルを設計し、劇的なコスト削減と成長の原動力をもたらしました。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? '結果' : '結果'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

三井 健次

パートナー, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

堤 俊也

ディレクター, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

Follow us