海外市場参入戦略

日本企業の海外マーケットへの参入・拡大のために

日本企業は急速な勢いで海外展開を進めています。数年前は中国や他のアジア近隣国が多かったのに対して、近年では先進国である欧米市場への参入、シリコンバレーなどのスタートアップへの出資、近隣ではない新興国としての南米、アフリカ、インドへの展開などとより多角的な動きを加速させています。参入方法も既存事業拡大に留まらず、M&Aやデジタルの活用など、広がりが出てきています。

海外マーケットへの参入に当たっては、現地の業界構造を見極めた参入戦略の構築、オペレーション体制の構築が必要であり、各国における市場のニーズやビジネス慣習、競争環境、テクノロジーの状況などへの対応も重要な課題です。これらの課題を検討しつつ参入を実行に移すためには、正確な情報の把握に加え、現地の産業界などへのアクセスが不可欠です。

PwCのアプローチ

PwCは世界157カ国742拠点に276,000人以上のスタッフのネットワークを通じて、日本企業における海外事業を支援しています。海外参入戦略、M&A戦略・実効支援、進出後の各国・地域の税務・会計規則へのコンプライアンスなど、海外事業展開におけるさまざまなシーンで、皆様のご要望に沿った幅広いサービスを提供しています。

Strategy&では、海外マーケットへの事業展開を加速させる日本企業に対して事業戦略、M&A、DX、サプライチェーンなどの領域におけるコンサルティング領域について国内外のPwCメンバーファームとの連携により各国において必要となる支援を統合的に提供する体制を構築しています。

Strategy&の海外マーケット参入戦略のサービス内容

Strategy&では、各国におけるPwCのメンバーファームが長年培ってきた現地の有力企業、業界団体、通商機関、規制当局などに対するネットワークを活用し、正確な情報に立脚した緻密な参入戦略の策定を支援します。また、現地での事業構築やオペレーション設計の他、現地パートナー企業開拓、人材確保に必須となるビジネスマッチングを含めた支援を提供していきます。

また、M&Aについても以下のような多岐にわたる買収・出資ターゲットに対して、主にビジネスDD+100日プランの策定・実行という形で支援をしています。

  1. 欧米における大型成熟企業
  2. 世界各地に勃興するスタートアップ
  3. 新興国の企業・コングロマリット

事例紹介

Strategy&ではさまざまな国において、PwCグローバルネットワークの現地法人と連携しつつ豊富な実績を有しています。

このうち主要な実績をご紹介します。

地域別

欧州

モビリティ関連サービス企業のビジネスDD

EU内複数国で事業を行う現地モビリティ企業の事業性・事業計画評価を現地のPwCとともに行いました。モビリティに関連する市場の見立ておよび異なる業界との競争も踏まえた競合環境を踏まえて対象会社の収益の将来見立てをシナリオとともに導出しました。

ロシア自動車関連事業進出サポートプロジェクト

クライアントは自動車メーカーからの要請により新興国への進出に取り組んでおり、メーカー各社と取引を拡大することを検討中でした。対象国の1つであるロシアは言語や日本からの距離などの問題から、現地の自動車政策、自動車メーカー各社の動き、現地への進出の可能性、投資実務の留意点などについて情報が入手しにくいため、PwCのグローバルネットワークを活用し、ロシア進出のためのフィジビリティスタディの支援を提供しました。

高機能フィルム グローバル展開戦略策定支援

高機能フィルム素材のグローバル展開に向けて、ASEAN、インド、EUおよびUSにおけるプレマーケティング活動および参入戦略策定、グローバルサプライチェーン戦略策定を実施。PwCの有する各地域でのネットワークを駆使して、各地域の食品・消費財メーカーに対するインタビューを数多く実施するとともに、現地税制・法規制、関税、投資優遇措置などを的確に織り込んだサプライチェーン検討を実施しました。

特定の疾患分野に関する市場調査

欧州における、特定の疾患治療分野に関する新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、保険制度、医療政策動向、当該疾患患者動向、当該疾患治療施設普及動向、主要プレーヤー概要、当該疾患治療事業収支、外資系企業参入規制動向および関連情報に関する調査を実施しました。事業性評価軸を設定し、参入優先国絞り込みのための分析を実施の上、優先参入国および参入方法の方向性に関し提案を実施しました。

中東

セキュリティ領域についての市場調査と事業戦略立案

中東における入出国および、スタジアムなどの建物に関わるセキュリティ関連市場の調査を行うとともに、現地PwCのコネクションを活かし中東特融の商習慣を分析した上で日本企業が取り得る参入戦略・パートナリング戦略について方向性を導出しました。

トルコ防災ビジネス調査

日本と同様に地震国であるトルコで防災関連ソリューションへのニーズが高まっています。トルコにおける政府の防災方針や実際の取り組みを調査し、政府系を含めたさまざまな防災関連機関への現地インタビューを通して、防災領域でのクライアントのビジネス機会の特定、およびそれらの獲得に向けた提案策定を支援しました。

アジア

アジア複数国での食品関連の市場調査・事業戦略

クライアントのアジア展開に向けて市場や消費者、流通についての市場調査を行うとともに、現地での1000サンプルでの試食サーベイを行い事業展開方針を具体化しました。さらに、PwCの有するグローバルネットワークを活用し、多数の現地企業と話した上でアライアンス戦略の具体化をサポートしました。

コンシューマーファイナンス企業のビジネスDDとP2Pファイナンスの事業戦略

アジアにおけるコンシューマーファイナンス企業のビジネスDDを行い、対象会社の将来性を踏まえた事業価値を導出しました。加えて、対象会社をベースとして、P2Pファイナンスや無担保ローンなどの機能を付加していく方向性を検討し、具体的な方策と定量的な効果を算出しました。

フィリピンにおける電動三輪車普及(e-Trike)の可能性調査

二国間オフセットクレジット制度構築に向け、フィリピンにおけるガソリン三輪車(Tricycle)を電動三輪車(e-Trike)に置き換える技術と、その製品に関わる法規制・政策関連の調査と将来的なビジネスモデルの検討を実施しました。この調査結果を分析し、簡易かつ効率的に排出削減量を算定するMRV方法論を構築しました。さらにe-Trikeの普及促進のための政策・財政課題などの解決策について検討を行い、最終的に提言案として調査報告書を作成しています。

※MRV:測定、報告、検証

林業機械システムの動向調査

マレーシア、インドネシア両国において、特に林業に限った機械システムの動向調査を提供しました。

ヘルスケア市場調査およびヘルスケア事業に関する事業性調査

東南アジアから南アジアにかけての新興国計6カ国において、ヘルスケア領域における新規事業参入の可能性を探るべく、各国医療制度、医療政策動向、疾病動向、医療提供体制、医療施設整備動向などに関する概要調査を実施しました。調査対象国を絞り込んだ後に、主要な個別医療政策概要調査、事業セグメントごとの主要プレーヤー動向調査、主要法令概要調査、主要事業者事例調査などを踏まえ、事業参入オプションを整理し提案しています。

中国病院市場調査・事業展開戦略策定支援

中国における病院に関する調査として、ジョイントベンチャー先との新しい事業モデルを検討し、出資リスクをいかにして最小化すべきかに関するオプション提案を行いました。PwC中国チームと連携し、北京・上海のL1病院、医薬卸、政府機関に対するインタビュー調査を進め、医療改革制度の進捗、中国の病院を取り巻く環境などの調査を実施しました。

北米

シリコンバレーのスタートアップのBDD

AIに強みを持つスタートアップのビジネスDDを実施。市場や競合などが存在していない領域のプレーヤーであったため、対象会社自体が市場全体の中で提供し得る価値の持続可能性や対象会社のマネジメントのビジョンや資質、対象企業の顧客や投資家であるベンチャーキャピタルの評価などを元に対象会社の事業性を検証。

ファシリティマネジメント+エネルギーマナジメント領域のでの事業戦略

北米におけるファシリティマネジメント+エネルギーマネジメント市場の動向を分析するとともに、日本の会社が参入する場合の事業戦略をオーガニック/インオーガニックの両方の観点で分析して導出。

中南米

太平洋同盟のインフラ・マスター・プランにかかる調査・分析

太平洋同盟加盟国であるメキシコ、コロンビア、ペルー、チリと、今後加盟が有力視されている2カ国(コスタリカ、パナマ)を対象に、太平洋同盟発足によって実現する統合市場に必要なインフラや現状のインフラ課題に対して日本政府・企業がどのような協力ができるかに関する分析調査を行いました。

メキシコにおける自動車部品のサプライヤー調査

メキシコなどの新興国における自動車OEM(Original Equipment Manufacturer)メーカー進出に追随して、部品メーカーの現地への進出が不可避となり、しかも現地部品メーカーとの競争にさらされる場面も多くなっており、高品質で安定的に部品を供給できるサプライヤーの開拓が最重要課題となっていました。

そこで、PwCのサプライチェーンに精通するコンサルタントが、過去のサプライヤー開拓・調査事例から、部品種類別のサプライヤーリスト(データベース)を作成し、設計開発や製造プロセスの生産技術について多面的な技術力や、生産能力について評価を行いました。

アフリカ

食品バリューチェーンの分析と参入機会の導出

アフリカにおける幾つかの食品(小麦、乳製品など)について食品バリューチェーン上流から小売りに至るまでの状況分析をアフリカ複数国について実施。バリューチェーンの構造的な課題を明らかにするとともに、複数のバリューチェーンプロセスを抑えている現地コングロマリット企業との協業案を策定。

南部アフリカ地域における鉱物資源の安定供給に関するインフラ調査

日本の鉱物資源の安定的な供給を実現するため、南部アフリカ地域(主にモザンビーク、マラウィ、ザンビア、ジンバブエ)の鉱物資源およびその採掘や輸送に必要な交通インフラの調査を実施しました。鉱物資源は主にレアメタル、インフラにおいては鉄道・港湾・エネルギー・国境施設を中心に調査を進め、日本から現地へのインフラのパッケージ輸出の可能性について分析を行いました。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? '結果' : '結果'}}
{{contentList.loadingText}}

お問い合わせ先

服部 真

服部 真

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

坂野 俊哉

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwCコンサルティング合同会社

Follow us