自動車

先見性に基づく成長の加速

電動化、運転支援システム、人工知能、コネクティビティなど、自動車業界におけるイノベーションの波が、めざましいスピードで押し寄せています。そして完全自動運転の実現も近づいています。これらのイノベーションは、スピードだけでなく、その幅の広さにも着目すべきであり、自動車メーカーにとってさまざまな機会をもたらすと考えられます。

Strategy&はモビリティの将来を見据えながら、クライアントのアイデアをより大きな構想へと発展させ、着実に実現するためのご支援を提供しています。Strategy&は、戦略ケイパビリティに基づき、構想策定や目標設定にとどまらず、実践的なアクションへとつなげています。

loading-player

Playback of this video is not currently available

Autonomous vehicles: reshaping mobility(英語)

事例紹介

自動車メーカーのデジタルサービスの構築

ある大手自動車メーカーは、コネクテッドサービスを導入したものの、明確なデジタルサービス戦略が描けず、サービスの実効性評価やサービスメニューの維持管理にも悩んでいました。社内で複数のデジタルチームがアイデア創造に取り組んでいましたが、確固としたサービス提供プロセスや役割・責任も確立されていませんでした。

Strategy&は、包括的なデジタルサービス戦略とロードマップを策定するとともに、体系的なアイデア評価プロセスや定量評価フレームワークを構築しました。これにより、クライアントはエンドツーエンドでのプロセスを網羅したビジネスケースを策定することが可能となりました。

View more

コングロマリット企業の成長戦略の策定

自動車(および自動車以外)の領域で多種多様な事業を展開する大手企業グループが、事業成長とポートフォリオリスクの低減を目指した数カ年の戦略ロードマップを策定するためにStrategy&を起用しました。

ロードマップ作成後、Strategy&はクライアントの本社部門および事業部の経営陣と協業して、財務結果、主要マイルストーン達成状況、コーポレートダッシュボードなどを通じて、実行状況のモニタリングも行いました。結果としてクライアントは、次の3年間で過去の2倍スピードの有機的成長と20%以上の無機的成長を実現するとともに、コミットされた新規事業の成長計画に対して優秀な人材をひきつけました。

View more

自動車メーカーの新車ローンチにおける価値実現

ある自動車メーカーは、法改正によりコスト増が発生する状況下で、同社の軽車両モデルの第5世代目を発売する際に、Strategy&を起用して価格競争力の精査を行いました。支援業務の一環として、私たちは開発パイプラインを透明化し、コスト削減のアイデアを生み出すための新たな方法を導入・適用しました。また、車両プロジェクトチームが新しいアイデアに対してオーナーシップを発揮するよう動機付けを行い、迅速な意思決定を支援するための新しいプロジェクトガバナンスを導入しました。これにより、1台当たり200ユーロ以上の直接的なコスト削減と、さらに200ユーロの追加削減を後続パイプラインにもたらされました。そして新しいコスト削減手法とプロセスは、将来の全てのプロジェクトに適用されるようなりました。

View more

新たなコンプライアンス経営体制の構築

ソフトウェアの役割の増大に伴い製品がますます複雑化する中、自動車メーカーやサプライヤーが製品の法令遵守に関連する潜在リスクを全て把握することは困難になっています。

あるクライアントでは、排ガス・安全性・法規適合性などに関するコンプライアンスを組織的・制度的に担保することが必要になったとき、経営陣はStrategy&を起用しました。

私たちは、関連リスクを特定するプロセスを定義するとともに、コンプライアンス管理の国際標準に基づいた戦略、組織、ガイドラインを策定しました。また、コンプライアンス管理の有効性を定期的にレビューするためのモニタリング体制を整備しました。これによりクライアントは、製品に関するコンプライアンス体制を組織的に確立することができ、継続的な改善につなげています。

View more

自動車メーカーとサプライヤーの協業による組織変革

ドイツの大手自動車メーカーが、南アフリカのサプライヤーから一元的に仕入れている鉄構造部品と組立部品に関して供給問題に直面したとき、経営陣はStrategy&を起用しました。クライアントが南アフリカで新しいSUVを発売する前に、Strategy&はサプライヤー拠点内に設置されたタスクフォースを主導しました。このタスクフォースは、50人の関係者(自動車メーカーとサプライヤー)で構成される機能横断的なグローバルチームであり、10ストリームに分かれて重要課題の解決とサプライヤーの組織構造の変革に取り組みました。その結果、自動車メーカーでライン停止は発生せず、サプライヤーはピーク量を持続的かつ自律的に供給することができました。

View more

大手自動車メーカーの新たな生産戦略の構築

デジタルによる新しいビジネスモデルは、製造現場の将来にも大きな不確実性をもたらしており、ある自動車メーカーのクライアントもまた生産のコスト増と複雑化に直面していました。Strategy&は、クライアントの新しい生産戦略の構築に向けて、2025年までに生産効率の向上につながる潜在技術のスクリーニングをしました。そして、デジタル関連アプリケーション、資源配分、カルチャー変革を定義しました。また、実行ロードマップと進捗状況をモニターするためのKPIを設定しました。これにより、クライアントは「Strategy2025」に沿って、コア事業の収益性を高めるための将来の生産拠点とシステムを確立することができました。

View more

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? '結果' : '結果'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

今井 俊哉

パートナー, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

樋崎 充

パートナー, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

北川 友彦

ディレクター, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

玉越 豪

ディレクター, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

赤路 陽太

ディレクター, Tokyo, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

Follow us