エネルギー/化学/ユーティリティ

エネルギー/化学分野/ユーティリティにおいては、世界的な競争がますます激化しています。構造的に過剰な生産能力を抱えていること、少数の巨大なグローバル企業による独占色がますます強まっていることなどを踏まえると、今後も厳しい競争環境の中で利益率の低下が続いていくものと考えられます。また、規制緩和、民営化、環境対策などの進展により、競争条件の複雑さはより一層増していくものと考えられます。

大型の企業統合、合併によるコスト競争、開発/販売面での競争は激化しています。その一方で、シェールガス革命やインフラの海外輸出の動きなどビジネスチャンスは増加しており、さまざまな取り組みが試みられています。

PwCネットワークのStrategy&は、事業戦略、ビジネスモデル構築、研究開発戦略、チャネル戦略、合併後の組織統合、オペレーション改善、組織設計といったテーマに関して包括的なサービスを提供しています。グローバルな専門家グループを擁し、資源開発の上流事業から販売・サービスの下流事業、さらにはエネルギー政策までの幅広い分野をカバーし、クライアント企業の競争力の強化を支援しています。

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

北川 友彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

加藤 瑞樹

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

服部 真

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwCコンサルティング合同会社

メールアドレス

Follow us