消費財

大局的な思考に必要となる具体的な実践

新技術や人口構造の変化によって消費の現場は変化し続けており、消費者が自社のブランドをどう受け止めているのかを、大局的に再考すべき時期が来ています。オンライン小売は急成長を続けており、新興の小規模なブランドの方が伝統的な企業よりも力を増しています。どの分野に注力して価値を提供すればよいのでしょうか。

Strategy&では、今後何年にもわたって現実の世界で機能する効果的な戦略を構築するためには、消費者中心のアプローチが不可欠であると考えています。

私たちは、自動化とサプライチェーンの最適化、業績改善プログラム、収益管理、M&A、製品とサービスのイノベーションなどについて、世界中のクライアントと協力しています。

私たちは、全ての取り組みにおいて、それを正しく実現するための揺るぎないコミットメント、業界のダイナミクスに関する深い理解、バリューチェーン全体での豊富な経験、そして広範な機能面の能力をもたらしています。

すなわち、戦略を現実のものにしているのです。

消費財企業のうち、過去の教訓を将来の行動につなげている会社はわずか40%にすぎません。あなたの会社はどちらですか?

Performance Analyzerというソリューションによって、消費財企業の収益管理能力を一つの統合的な分析プラットフォームに転換することで、売上、ROI、効率性の向上に向けた適切な方法を選択できるようになります。

Perforamance Analyzerについて詳しく見る(英文)

{{filterContent.facetedTitle}}

お問い合わせ先

スティーヴン・ ヴェレトフゥン

スティーヴン・ ヴェレトフゥン

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

岸本 義之

岸本 義之

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwCコンサルティング合同会社

唐木 明子

唐木 明子

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Follow us