コンテンツへスキップ フッターへスキップ
Search

Loading Results

新型コロナ危機後に向けて:3つのアクションでコストとビジネスを再構築して成長を目指す

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危機に対応し、危機後に力強さを増すための指針

Fit for Growth(成長のための最適化)

新型コロナウイルス感染症COVID-19が拡大する以前から、CEOはすでにコストの問題に取り組んでいました。そこに、世界の主要20カ国で8週間前後のロックダウン(都市封鎖)が起きました。危機からの早期脱却という楽観論が消失した今、ある大きな問題が立ちはだかっています。後戻りのできない、不確実性の高い環境にどのように備えるのか、という問題です。

自社を守るために今行動を起こすことが、将来の成功には欠かせません。しかし、どんな行動を起こすべきでしょうか。私たちのアプローチであるFit for Growth*は、ニューノーマル(新常態)において成長するために、バリューチェーン全体の戦略的優先度の再検討を促し、新型コロナ危機後に力強さを増す道筋を明確にします。

大半の企業は最終利益を守ろうとするかもしれませんが、コスト削減だけでは不十分です。新型コロナの世界的流行を受けて、コストに関する従来の信念やモデルは覆されました。企業は、成長や存続の可能性を損なわないやり方でコストを削減しなければなりません。生じている変化があまりに大きいため、再定義と再構築を図って体力とアジリティ(敏捷性)を確保する必要があります。

*Fit for Growthは、PwC Strategy&の米国における登録商標です。

コストを再配分し、成長のためにビジネスを再構築するための3つのアクション

企業がコスト削減と成長のための再投資の間でバランスを取ろうとすると、戦略的優先度、組織の再構築、そして新しい業務運営の方法が全て俎上(そじょう)にあがります。以下では、適切なコストを適切な方法で削減し、今回の危機後に最適化を果たす3つのアクションをご紹介します。

1.戦略的優先度の再検討

市場での差別化につながる中核的なケイパビリティを重視することは、適切な成長の原動力にコストを再配分する賢明な方法です。

2.バリューチェーン全体を見渡して変化を見極め、コスト構造を再構築する

「後悔しない戦略」(リスクの低い戦略)と「戦略的な賭け」(有力と見られるシナリオで高いリターンが期待できる戦略)をうまく組み合わせる方法を見い出します。

3.従業員を新しいオペレーティングモデルに移行させる

配下のチームの迅速な問題解決を促した少数の行動を特定して報酬を与え、その上で、新しい業務運営の方法にそれらの行動を組み込み、奨励し続けます。

ニューノーマルを見据えて成長のための最適化を図る

新型コロナウイルス感染症COVID-19が発生したことを受け、ありとあらゆる企業は市場ダイナミクスの変化と新しい事業の進め方を目の当たりにしています。

Fit for Growthアプローチは、5つの主要領域において企業変革を指揮しながらニューノーマルに備え、危機後に力強さを増す強力かつ徹底的な手法です。

変革を成功に導くには、5つの主要領域にまたがる総合的かつ差別化されたアプローチを取らなければなりません。

先行きを鋭く見通して戦略を立てる

既存の戦略を改めて見直し、経済的シナリオにかかわらず、将来競争に勝ち抜くために必要不可欠な業務を明確化します。

自社を差別化するケイパビリティを強化する

コスト構造をゼロベースで評価し、投資すべき領域はどこか、投資原資をいかに確保するかを明確化します。

コスト構造を根本的に変える

自社のコスト構造全体を再検討し、短期、中期、長期的施策を立案して将来に抜本的に対応します。

オペレーティングモデルを再考する

危機後の状況を睨み、今日のオペレーティングモデルを多次元的に問い直します。新たな技術を活用して組織化やコラボレーションの向上、レジリエンス強化に取り組みます。

文化的進化を加速させる

文化的な強さを足がかりに成長し、将来を構築するためのアクションを担うために組織の積極的関与を引き出し必要な行動を特定します。

最適化を実現する6週間の道程に踏み出すための速攻アプローチ

Fit for Growthアプローチは一連のデジタル資産を活用し、バーチャルに導入することで、迅速な分析と実行可能なインサイトの導出を図ります。6週間以内に最初の成果を出すとともに、危機後に力強さを増すための将来に向けた道筋を構築します。

{{filterContent.facetedTitle}}

お問い合わせ先

北川 友彦

北川 友彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

スティーヴン・ ヴェレトフゥン

スティーヴン・ ヴェレトフゥン

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

ネハ・ マニ

ネハ・ マニ

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

山本 貴英

山本 貴英

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Follow us