デジタル自動車レポート2019

現実を直視すべき時:変革する市場における機会

エグゼクティブサマリー

  • 欧州での自動車保有台数は2025年に2億7300万台でピークを迎えた後で減少すると予測される。中国では今後も増大し続け、米国でもより緩やかだが増大し続けると予測される。
  • 自動車本体にかかるコストは増加する。電動パワートレインや自動運転機能の実装により、部品コストが2030年までに20~40%増大する見通し。
  • 顧客の値頃感と業界の経済的リターンを両立させるためには、サブスクリプション(定額制)やライドヘイリング・ライドシェアリングといった代替的所有モデルと自動車メーカーにとっての新たな収益機会が必要である。モビリティ市場は欧・米・中で2030年までに1.2兆ドルに達し、年20%以上の成長率で拡大すると予測される。
  • 自動車メーカーやサプライヤーが新たな事業モデルを探索する中で、プロフィットプールに大きな変化が起きる。自動車販売、部品、アフターサービスで構成される従来型の事業が自動車業界全体の利益に占める割合は現在の70%から2030年までに55%以下へと減少する一方、新興プレイヤーによる事業の占める割合は現在の5%から最大25%へ増加する。
  • その結果、自動車メーカーやサプライヤーは今後数十年にわたりテクノロジーコストを抑制するための懸命な努力が必要となる。例えば、ADAS(Advanced Driver Assistance Systems)=先進運転支援システムのコストを65~75%削減することが求められるだろう。

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化):何がデジタル変革のスピードを決定するのか?

技術成熟度、消費者、規制、経済性が変革のスピードを決定

コネクテッド

5G対応車両の販売は2030年までに欧・米・中で1600万台に達する見通しである。しかし、コネクテッドサービスは主にユーザー経験に好影響があるものの、自動車メーカーやサプライヤーが直接収益を上げられる可能性は極めて限定的と想定される。

自動運転

2018年調査レポートと同様、2021年までに制限速度が時速50km未満の区域で自動運転レベル4の乗客運搬車が稼働すると想定しているが、レベル4または5の高度自動運転車が路上で運転できるようになるのは2029年まで遅延すると予測される。

電動化

2030年までに中国における新車登録の46%は電気自動車となる。欧州では40%、米国では35%となる。内燃機関車は走行距離の観点で優位性を持ち続け、高価な燃料電池車のみが競合可能となる。

シェアリング

Strategy&の調査によると、広域で利用可能で値頃な自動運転ロボタクシーサービスがあれば、欧州における消費者の47%が自家用車所有を止めてそちらに切り替えることを検討すると回答している。

レポートの続きは、PDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます。
PDFファイル内の執筆者の所属・肩書は、レポート執筆時のものです。

日本語版はこちら[PDF 2,040KB]

原文はこちら[PDF 2,333KB]

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? '結果' : '結果'}}
{{contentList.loadingText}}

お問い合わせ先

北川 友彦

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

玉越 豪

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

赤路 陽太

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

阿部 健太郎

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Follow us