Capabilities-Driven Strategy + Growth

ケイパビリティに基づく戦略と成長

その戦略で勝てる可能性はありますか?

企業の経営陣は戦略策定とその実行に懸命に取り組んでいます。PwC Strategy&は、独自のケイパビリティに基づく先駆的アプローチにより、クライアントの最大の強みがある分野にフォーカスを絞り、競争優位を獲得することを可能にしています。

loading-player

Playback of this video is not currently available

Does your strategy give you a right to win? (英語)

事例紹介

戦略と実行の間のギャップを埋める行動を探るため、各業界の専門家が推奨する多数の企業の中から14の企業を絞り込んで調査しました。これらの企業は顧客への価値をどのように生み出しているのか、他社にはできない方法でそれを実現可能にしているケイパビリティとは何なのか、そして各社の特徴あるケイパビリティ体系においてどの様な製品とサービスが伸びているのか。リサーチ対象の中からいくつかの企業を以下に紹介します。

ここで使用されている登録商標の権利は所有者に帰属します。図表作成のみに使用し、所有者との関係や承認を意味するものではありません。

FAQs

ケイパビリティとは何か?

ケイパビリティとは、プロセス、システム、ツール、スキル、知識、そして行動を組み合わせたものであり、明確な結果を出すための組織構造のことです。少数の重要なケイパビリティにフォーカスを絞ることで、企業は戦略(自社の独自性)を実行(日常業務)に落とし込むことができ、現実的かつ持続的に価値を創造することが可能になります。

View more

「ケイパビリティに基づく戦略と成長」はどのように機能するのか?

伝統的な方法で戦略的計画を策定をしても、なぜ失敗に終わってしまうのでしょうか?それは、旧来型の事業戦略のアプローチを行っている企業は、そのエネルギーとリソースの大半を社内の見直しではなく市場調査に費やしてしまっているからです。

一方、「ケイパビリティ基づく戦略と成長」のアプローチでは、市場に基づく視点とケイパビリティに基づく視点を融合させ、企業の現状や特長に基づいた「勝つための権利」に結びつく魅力的な市場機会を特定できます。

Strategy&は、自社の強みにフォーカスすることが長期的な成功の第一歩であると考えています。クライアントが3~6つの独自のケイパビリティを最高水準になるまで高め、それらが相互に補強し合うような体系づくりを支援します。その後、クライアントの強みを適切な市場機会に結びつけます。その結果、今後何年も持続可能な成長をもたらす、強力な成長の原動力が創出されるのです。

View more

ケイパビリティに基づくアプローチにより得られる5つの優位性とは?

ケイパビリティに基づくアプローチで戦略を構築することで、コヒーレンス(一貫性)が生まれ、その結果、以下のような優位性がもたらされます。

  • 有効性:日々の最優先事項に焦点を当てることにより、事業における最重要分野での成長につなぎます。
  • 効率性:社内全体に独自のケイパビリティを適用することで、規模を拡大できます。
  • 重要分野への投資:競合優位性に焦点を合わせ、自社のビジネスの重要分野に絞った投資をします。
  • 組織内の整合性:強固な意思決定のフレームワークがあることで、組織全体の整合性につながります。
  • 優秀な人材:自社やスタッフが最も注視している分野で最高の人材を発掘し、モチベーションを与え、そしてつなぎとめることができます。

View more

コヒーレンスを有する企業が戦略の実行を成功させる理由とは?

コヒーレンス(一貫性)を有する企業は、競合優位性のある少数のケイパビリティにフォーカスを絞っているため、戦略と実行の間にあるギャップをより簡単に埋めることができます。コヒーレンスを有する企業は、この差別化された少数のケイパビリティを築き、伸ばしながら、日々の業務が戦略に結びつくようにしています。このケイパビリティこそが、企業の戦略と実行とを強固に結びつけているのです。

View more

どのケイパビリティに注力すべきかを決定する方法とは?

まず、現在の自社固有のケイパビリティ、つまり最大の強みがある分野や、既に成功している分野を特定します。次に、どのスーパーコンペティターが台頭する可能性が高いのかを理解するために、以下のような点について市場の分析を行います。

  • どのような価値提供(例えば、低コスト、あるいはエクスペリエンス・プロバイダーなど)が今後の成功につながるのか。
  • 個々の価値提供で成功を収めるには、どういったケイパビリティが必要なのか。

その上で、現在の自社固有のケイパビリティと、スーパーコンペティターとのギャップがどれほど大きいかを特定します。その結果、自社が目指すスーパーコンペティター像を選択することができ、競争優位性に必要なケイパビリティが明確になります。

View more

コヒーレンスの獲得による利益を測定する方法とは?

Strategy&は以下のような方法でコヒーレンスが生み出す利益を測定してきました。

  • ある特定の業界における主要企業のコヒーレンスを特定し、それらの企業の収益性をマッピングします。その結果、分析を行ったすべての業界において、コヒーレンスを有する企業は、コヒーレンスのない競合他社に比べ、業績がよいことが分かりました。
  • 企業の経営幹部に対して行った調査の結果、コヒーレンスを有する企業は業界平均に対し、成長速度が3倍速いことが分かりました。また、業界平均よりも利益率は高いがコヒーレンスのない企業と比較すると、2.5倍の成長率であることが分かりました。
  • ケイパビリティがフィットした形のM&Aは、業績向上につながりやすいことが分かっています。Strategy&が行ったディール分析によると、「ケイパビリティ応用型/補強型買収」は、「低フィット型買収」に比べ、ディール締結後2年間に著しく高い株主総利回り(TSR)を生み出しています。全体的に見ると、ケイパビリティに基づくディールはそうでないケースに比べ、14.2パーセントポイント高い結果となっています。

View more

事業戦略の構築の支援において、Strategy&を選ぶ理由とは?

Strategy& は、クライアントの事業戦略を現実のものにします。クライアントの持つ優位性を活用し、私たちの有する広範で大規模な専門的なサービスを提供し、グローバルな展開を支援しています。
ケイパビリティに基づく戦略の開発と実行において、クライアントを長年にわたり支援してきた経験に基づき、効率的かつ効果的な方法でクライアントに適切な戦略を特定できる有効なツールも開発しています。

私たちは、「ケイパビリティに基づく戦略と成長」を開発した戦略の専門家として認知されています。長年にわたりこの方法論を実践かつ研究し、ハーバード・ビジネス・レビューやウォール・ストリート・ジャーナルといった多くの一流誌でその調査結果を発表してきました。

広範さ、規模、専門性において、Strategy& は他にはないポジションから、クライアントに勝つための戦略策定を行っています。100年以上にわたる戦略コンサルティングの経験に加え、PwCネットワークが持つ比類なき業界別および機能別ケイパビリティも提供しています。グローバルで実践的な戦略専門家のチームとして、クライアントが最も重要な競争優位性を獲得し、勝つためのケイパビリティを構築できるよう支援しています。私たちは、クライアントとともに困難な課題を解決し、クライアントが最大の機会を獲得するための支援を行っています。

View more

お問い合わせ先

スティーヴン・ ヴェレトフゥン

スティーヴン・ ヴェレトフゥン

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

唐木 明子

唐木 明子

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

樋崎 充

樋崎 充

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Follow us