2018-19年業界動向

絶え間ないスピードで変化しているビジネス環境。それに対応していくことは企業にとって課題となっています。

Strategy&は、企業が現在検討すべきリスクと機会を評価する際に参考となる、さまざまな業界の動向や課題解決について紹介しています。企業における課題の解決と機会の実現に役立てて頂ければ幸いです。

2019年 業界動向と戦略の方向性

2018-19年 業界動向

クノロジー業界 2019
IoT、フィンテック、自動運転技術など新しいテクノロジーが実社会に広く、深く、かつてないスピードで浸透しつつあります。これに伴い、テクノロジーがもたらすリスクが多様化し、増大しています。特に人工知能(AI)を活用した製品やサービスについては、倫理面に関するリスクも増大すると考えられます。今後、このようなリスクに対するテクノロジー企業の姿勢そのものが、業績に大きな影響を及ぼし得るでしょう。本稿では、テクノロジー企業がとるべき姿勢を6つの視点から論じています。
2018 Industrial Manufacturing Trends
ドイツ発のインダストリー4.0やアメリカ発のインダストリアルIoTのコンセプトに代表される製造業の変革に向けて、産業機器業界は対応を迫られています。日本には世界的な産業機器メーカーが数多く存在するものの、デジタル化、IoT化、スマート化への対応において海外の競合企業に後れを取るまいと苦慮している現状があります。本稿では、産業機器メーカーがこの大変革期を乗り越えるためにどのようにデジタルのケイパビリティを構築していくべきか、海外企業の事例を交えながら論じています。
石油・ガス業界の動向 2019
市場の変動性が高い環境下においては、企業は将来起こり得るさまざまなシナリオの影響を想定した上で、将来どのような状況になっても有効となり得る弾力的な戦略を構築することが肝要になります。供給過剰から一転して供給不足へという急な市場の変化、および低炭素社会の実現への対応の必要性という本質的な課題に直面する石油・ガス業界の経営者は、どのように経営のかじ取りを行うべきでしょうか。本稿では、石油・ガス企業が検討すべき戦略の基本原則の在り方を議論します。
2018 Chemicals Trends
化学業界はグローバル市場における需要減や規制環境の強化で、大幅な戦略の見直しが迫られています。その一方で、化学業界以外の各産業で進むデジタル化への取り組みは、いまだその途上にあると言わざるを得ません。グローバル規模で進む人材の流動化対策、資本市場を意識した事業戦略、保護貿易主義にむしばまれる需要減への対応、発展途上国での競争激化およびデジタル化の推進など、各社が取り組むべき課題は枚挙にいとまがありません。

戦略プロファイラーを開始する

あなたの会社には勝つための戦略がありますか?

あなたの会社が「成功するポジショニング」にどのくらい近いのかを判定します。

戦略プロファイラーを開始する