ケイパビリティ主導のリストラクチャリング:コモディティ化した自動車部品産業にとっての生産拠点戦略

2017-9-14

エグゼクティブ・サマリー

メーカーは、生産施設があらゆるニーズに最もよく対応できる場所にあるかどうかをしばしば評価しなければならない。本レポートでは、最適な生産拠点はどこかを判断するプロセスについて説明する。  このプロセスを分かりやすく説明するため、生産拠点についてますます難しい選択を迫られるようになった自動車内装部品産業、特にヨーロッパの状況に注目したい。西ヨーロッパでは、こうしたサプライヤーの生産施設の運営費が高くなる一方であり、多くの企業が生産拠点を次々と東ヨーロッパへ移転している。

しかし、こうした運営上の決定を下すには、さまざまな要素を考えなければならない。例えば、輸送の便、工業技術や部品調達のしやすさ、自動車メーカーの現在および将来の計画、提携関係の可能性、さらには西ヨーロッパで特に高いリストラクチャリング費用などである。こうしたあらゆる要素の根本には、競争的要素がある。すなわち、企業が数少ないライバルに対抗し、常に他をリードする存在であり続けるには、生産拠点をどのように設計すればよいのだろうか、ということだ。

ここで取り上げた自動車内装部品企業も含めて、工業製品業界の大半の企業はどこに生産拠点を置くか戦略的な選択を行っている。そのため、企業は市場や生産拠点にある個々の工場、競争構造とその企業自体のケイパビリティについてしっかり理解しておかねばならない。本レポートでは、企業が最善の選択肢はどれかを見極め、現実的な値下げ目標を設定できるように一連の質問を投げかけている。また同時に、今後どの工場を中心に将来のネットワークを形成すべきか判断するために4段階のアプローチを紹介する。

レポートの続きは、PDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます。

PDFファイル内の執筆者の所属・肩書きは、レポート執筆時のものです。

"Capabilities-driven restructuring: A manufacturing footprint strategy for a commodity automotive supplier industry", April, 2017。

Download

ケイパビリティ主導のリストラクチャリング:コモディティ化した自動車部品産業にとっての生産拠点戦略

Related Strategy& thought leadership