今井 俊哉

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング、Strategy&のパートナー。約25年にわたり、コンピュータ・メーカー、ITサービスプロバイダー、電子部品メーカー、自動車メーカーに対し、全社戦略、営業マーケティング戦略、グローバル戦略、IT戦略などの立案、組織・風土改革、ターンアラウンドの実行支援などのプロジェクトを多数手がけてきた。PwC Japanのハイテク・通信・メディア・プラクティスのリーダーも務める。PwCコンサルティング合同会社 副代表執行役。

富士通を経てブーズ・アレン・アンド・ハミルトンに14年在職。その後、SAPジャパン(バイスプレジデント)、ベイン・アンド・カンパニー(パートナー)、ブーズ・アンド・カンパニー(代表取締役)を経て現職。

慶応義塾大学経済学部卒、ノースウェスタン大学MBA。

経験

  • Business strategy

専門分野

  • Technology
  • Telecommunications
  • Entertainment and media

教育

  • Bachelor of Arts International Economics Keio University
  • Master of Management Northwestern University - Kellog School of Management

{{filterContent.facetedTitle}}