コンテンツへスキップ フッターへスキップ
Search

Loading Results

瀬渡 奈津子

Manager

瀬渡 奈津子 の経歴

慶應義塾大学法学部卒業。シカゴ大学大学院国際関係学修士課程修了。

アメリカ・ワシントンDCのリサーチ・コンサルティング会社(環境・エネルギー部門)での勤務を経て現職。

私がStrategy&で戦略コンサルタントとしてのキャリアを歩み始めてから、10年以上が経過しました。入社当初は、Strategy&の非常に優秀な先輩方や同僚と取り組むエキサイティングな議論や分析に夢中で、あっという間に日々が過ぎていきましたが、その道のりの中では、さまざまな困難やチャレンジもありました。プロジェクトで思うように成果が出せないことや、成長に停滞を感じたこと、さらに産休・育休を経てフルタイムで復帰し、育児と仕事の両立を手探りで模索したことなど、振り返ると、数々の困難やチャレンジを経ても、私がStrategy&で充実したコンサルティングキャリアを積み重ねることができた背景には、主に3つの要素があったと感じます。

一つ目は、Strategy&ではいつも新しい景色や新しい自分を発見できるということです。短期間でさまざまなプロジェクトを経験でき、常に成長をする環境があるため、飽きることがありません。業界やテーマだけでなく、チームの中での自分の役割や立ち位置も、プロジェクトごとに変化します。上司やチームメンバーからは、常に、自身の成長に向けた的確なアドバイスを頂け、何年経っても、半年前、一年前と比べ、自分自身の成長や変化を感じることができます。

二つ目には、サポート体制が整っていることが挙げられます。プロジェクト上の困難であれ、育児との両立に関する悩みであれ、私の周りには、いつも親身に話を聞き、実践的なアドバイスやサポート、励ましを通じて課題の克服に向け協力して下さる上司・先輩・仲間の存在がありました。戦略コンサルティングは、少数精鋭のチームでクライアントや社会全体の重要なアジェンダに取り組む仕事のため、一緒に働く方々とは率直なコミュニケーションのできる関係性が構築されやすいことも、背景にあるのではないかと思います。

三つ目に、Strategy&では、自分も会社の社風を作ることの一端を担っていると実感を持てるということが挙げられます。リーダシップチームが、若手コンサルタントを含め職員全員が希望を持って活躍できるような職場であるよう、その環境作りに強い関心を持っています。透明性の高いコミュニケーションを行う風通しの良い風土も根付いているので、「Strategy&が多くの職員にとって魅力的で楽しい職場であり続けられるよう、自分自身も貢献したい」というモチベーションを高く持ち続けることができます。

上記のような恵まれた環境の中で、キャリアを構築してこられたことを大変うれしく思います。今後もたくさんの優秀で個性豊かな方々がStrategy&の仲間に加わり、多様性に溢れるファームとして発展していくことを楽しみにしています。