第17回CEO承継調査

-2016年、世界のCEO交代率は14.9%-

PwCネットワークのStrategy&は、世界の上場企業上位2,500社を対象に、CEOの承継についての第17回となる年次調査をまとめました。

この調査では、CEOの承継にあたって各企業が行う決断を分析することにより、企業がCEOに求めるものを考察しております。世界のCEOの交代率、2016年に新たに就任したCEOの年齢や国籍・グローバル経験といったバックグラウンド、また女性CEOについて、時系列や地域別に考察を行っています。

Strategy& 第17回CEO承継調査(日本版)

Strategy&第17回CEO承継調査(日本版)

日本の新任CEOの平均年齢は61歳と世界で最も高く、他企業からの招聘(3%)、他企業でのCEO経験(9%)、他企業での勤務経験(33%)、MBA保有率(4%)は世界で最も低く、女性CEO就任はなし。Strategy& 第17回CEO承継調査を実施。

詳しくはこちら

第20回世界CEO意識調査

PwC’s 20th Annual Global CEO Survey過去20年におけるCEOの意識変化 未来をどう描くか?

「PwC第20回世界CEO意識調査」では、記念すべき20回目の調査を行う中で、世界がどれほど大きく変化してきたかを目の当たりにしました。 日本分析版では、パラダイムシフトに直面する世界を前提として、変化をリスクと同時にチャンスとしてとらえている世界のCEOと、より慎重な見方を強める日本のCEOの対照的な姿が浮き彫りとなりました。

PwC Japan のサイトはこちら

More resources