Business case prep

第一回MBAプロボノプログラム活動報告


第一回MBAプロボノプログラム:岐阜県郡上市の林業活性化に向けての活動報告

【MBAプロボノプログラムの概要】
PwCコンサルティング合同会社では、問題解決を通して社会に信頼される会社になるという理念を体現する活動としてプロボノ活動に積極的に取り組んでいます。その一環として、Strategy&は海外ビジネススクール(MBA)の社費派遣留学生を対象に、MBAプロボノプログラムを企画・実行しました。2017年の第一回プログラムでは米国・欧州のトップビジネススクールに留学中の5名のMBA生が参加し、岐阜県郡上市の林業活性化をテーマにNPO法人地域再生機構*の活動を支援しました。

【プロボノとして林業及び郡上市を対象とした理由】
日本は国土の80%を森林が占める国です。水が豊かな国とも言われていますがそれも森林が大きく貢献しています。森林を健全に維持していく産業として林業がありますが、日本の林業は補助金がなければ維持していくことができず、従事者の高齢化も深刻な問題となっています。林野庁の統計によれば日本の森林蓄積量の増加を金額に換算すると年間1兆円となります。森林は、木材生産の役割に加えて生態系の維持や環境保全、レジャーや観光としての役割など、複合的な役割を持つ重要な資産です。適切な施策を打っていくことで、補助金に依存しなくとも維持できる林業の確立、その他様々なビジネスチャンスを生み出すことが期待されます。
土地の9割を森林が占める緑豊かな郡上市の林業は、生産量は伸びているものの収益性が低く、かつ林業従事者数の減少等の課題が認識されていました。一方、郡上市では林業活性化に向けての様々な取組を強化しており、行政の林業への理解・サポートも他地域に比べて充実しています。また、近年郡上市は社会的起業家が集まる地として着目されており、郡上市林業をよりよい方向へ進めるポテンシャルを有しています。
Strategy&は、林業への理解・取組の土壌が出来ている郡上市を中心に林業の成長産業化に貢献することで、本取組がベストプラクティスとして全国に波及し、国内林業の再興に繋がることを期待しております。

【プロボノ活動を通じての郡上市林業への提供価値】
MBA生がイニシアチブを取って郡上市林業に携わる業者や行政関係者へのインタビューを実施し、情報分析・ディスカッションを通じて以下のアウトプットを提供しました。

  • これまで林業関係者の中で点在していた情報(木材価格、流通量、流通経路、等)を収集・構造化し、郡上市林業の実態を可視化するとともに、郡上市林業が抱える課題を明確化しました
  • 上記課題の解決に繋がる、短期的・長期的な計14の施策を提案し、郡上市にとって実現可能な中長期の生産計画を立案しました
  • 郡上市の林業が持つ成長/改善ポテンシャルを示し、今後の林業活性化の方向性とそれに関する共通認識・議論の土台を構築したことで、林業に意欲のある方々にとってのモチベーション向上に貢献しました

【参加したMBA生の声】
体験したMBA生からの満足度も総じて高く、プログラム全体の満足度として「期待以上であった」との意見を多く頂きました。具体的な声として、

  • 「自分の改善点を認識できたため、残りのビジネススクールで積極的に取り組んでいきたいテーマとなった」
  • 「社会的起業家といったプロジェクトの関係者が刺激的だった。プロジェクトの社会的な意義やこうした起業家の多い場所で1か月過ごせたことが有意義だった」
  • 「プログラムを通じて戦略コンサルタントの頭と体の使い方をリアルに体験出来たことは非常に有意義だった」

等がありました。
今後も、Strategy&としてプロボノ活動を強化しつつ、MBA生にとっても有意義なコンサルティング体験を提供し続けたいと考えております。

※NPO地域再生機構:岐阜県に本部を置く非営利団体法人。持続可能な地域社会建設活動に取り組む