情報通信/ハイテク

技術・事業の両面から革新的な挑戦をし続けてきた情報通信・ハイテク産業ですが、グローバリゼーションの波と経済環境の大きな変化によって、産業再編の嵐が起きてきました。しかしながら、これをもって日本の情報通信・ハイテク産業の終焉を語るのは早計に過ぎるでしょう。今こそ、痛みを分かち合いながらも、日本が誇る技術力や構想力、そして顧客サービスのレベルの高さ等を再認識し、新たな成長のステージへと移行する時です。その為に必要となる最適な経営資源の配分とは何か、この古典的な問いに勇気を持って答えを出していく好機です。

一方で、モバイル・ネットワーク上での様々なビジネスの創生等、日本が世界の最先端とも言える分野はまだまだあります。数々の最新技術を生み出してきた産業の矜持として、最新の技術を最も優れた形で活用し、事業構造の変革(トランスフォーメーション)の先駆者として自らが生まれ変わっていくことを期待されているのです。本質的な構造改革の結果として、敏速で柔軟な事業体として再生し、グローバル市場でも確固たる競争力を築き上げていけることでしょう。

PwCネットワークのStrategy&のC&Tプラクティスは、最終消費者のニーズに対する洞察を深め、大枠の戦略立案から業務遂行現場に踏み込んだ支援まで、経営成果を実感できるコンサルティング活動を行っております。C&Tラクティスは、Strategy&の中でもグローバルに最大規模を持ち、そのネットワークによる最新の「知の集積」を、日本企業への理解に基づき、実践的な形で提供させていただくことができるのは、大きな強みです。また弊社の公共・安全保障分野での強みを生かし、軍事戦略におけるリスク対策手法や、社会公共財としての通信・ハイテクへの助言ができることも特徴です。


《最近のプロジェクト実績例》

  • 情報通信会社 : クラウド事業戦略の立案
  • 情報通信会社 : 法人ビジネスのマーケティング戦略と営業行動改革
  • 携帯通信会社 : 成長に向けたアジア戦略の構築
  • 外資情報通信会社 : 日本市場におけるターンアラウンドプログラムの実践
  • コンピュータ会社 : チャネル・パートナー戦略の立案
  • システムインテグレータ : SI事業の再成長に向けたトランスフォーメーションの支援
  • システムインテグレータ : 官民分野における新規成長事業戦略の構築
  • エレクトロニクスメーカー : 研究開発戦略の立案とM&A支援の実施
  • 電機メーカー : 研究開発および購買部門の融合によるコスト削減の支援
  • 光学機器メーカー : 新規事業創出基盤の構築支援
  • 情報通信企業 : 生体認証技術を活用したセキュリティ事業のASEAN展開支援
  • 情報通信企業 : 米国に本拠地を置くクライアントの日本国内事業の再構築戦略策定支援