小売

日本の小売業は、市場が成熟化し市場全体としての売上高の成長が厳しくなる中、消費者の嗜好の多様化、海外プレーヤーの日本参入といった厳しい環境変化に直面しています。この環境下では、まず日本市場における勝ち残りを決定的にし、日本以外での成長の可能性を追求して、かつてないスピードで変革を実現しなければなりません。
これまで日本の小売業分野では経営者の優れた感覚が成長をリードしてきたという場合が多々見られますが、今後は、科学的なアプローチを加えて、「アートとサイエンスの融合」が求められます。マーケティングマインドをみがくことで顧客に「買う理由を与え続ける」こと、そのための組織とオペレーションの変革が急務です。

PwCネットワークのStrategy&の小売業プラクティスは、日本及び欧米の主要企業とのプロジェクト経験及び最新の理論を基に、例えば以下の分野で最先端のアプローチ、手法を開発しています。

  • ブランディング/ブランドポートフォリオマネジメント
  • マーケティングROI
  • 業態開発
  • 新商品開発/メニュー開発
  • 購買改革

《最近のプロジェクト実績例》

  • 大型店小売業 : 中期経営計画の策定
  • 通信販売会社 : マーケティングROIにもとづく費用再配分とコスト構造改革の支援
  • 専門店チェーン : 購買改革を含む事業再構築の支援
  • グローバル高級ブランド : 日本事業のオペレーション改革
  • アパレル会社 : 事業再構築の支援
  • 飲食業チェーン : 店舗再編、メニュー開発などを含む事業再構築の支援
  • 小売業 : 事業買収に関するデューデリジェンス支援