消費財

日本の消費財メーカーは、市場の成熟化、デジタイゼーションと消費者の嗜好の多様化、小売チャネルの進化等、目まぐるしい環境変化に直面しています。これらの環境変化に対応するためには、かつてないスピードで変革を実現しなければなりません。真の変革を導くには、国内外で消費者行動において意味のあるキードライバーを抽出し、それらの点において未来の変化を洞察していくという視点が極めて重要です。そして、これらの課題を解決するためには、科学的なアプローチで、徹底的に市場のファクトと変化の予兆を洗い出すことが必要不可欠です。論理を情熱、経験や想像力と融合させることで、勝てるマーケティング活動が実現できるのです。

PwCネットワークのStrategy&の消費財プラクティスは、日本及び欧米の主要企業とのプロジェクト経験及び最新の理論を基に、例えば以下の分野で最先端のアプローチ、手法を開発しています。

  • グローバルでの成長市場参入  
  • スマートカスタマイゼーション  
  • ブランディング/ブランドポートフォリオマネジメント  
  • チャネルマネジメント  
  • マーケティングROI  
  • 営業力強化
  • 新商品開発

また、実効性の高い戦略策定だけでなく、その実行支援も十分に行い、真の成果を実現させるためのパートナーとして活動しています。


《最近のプロジェクト実績例》

  • 大手食品メーカー : グローバルM&A・成長戦略の策定
  • 大手食品メーカー : ブランド戦略の策定
  • 大手食品メーカー : 新規事業戦略の策定と実行支援
  • 大手飲料メーカー : グローバル経営管理の設計
  • 大手化粧品メーカー : アジア成長戦略の策定
  • 大手化粧品メーカー : 戦略的な購買戦略の策定
  • 消費財メーカー : 本社管理部門の業務・組織改革および事業管理制度改革支援
  • 消費財メーカー : アフリカ飲食市場参入戦略の策定支援

《関連資料》

編著:クリストファー・ヴォルマー&ジェフリー・プレコート
訳:旧ブーズ・アンド・カンパニー
出版日:2011年8月26日
出版社:日本経済新聞出版社
ISBN:978-4-532-31718-8
定価:¥2,100
著者:岸本 義之
出版日:2009年9月17日
出版社:PHP研究所
ISBN:978-4-569-77312-4
定価:¥2,500