プロジェクト提案書と依頼書

プロジェクトの実施にあたっては、Strategy&がプロジェクト提案書(プロポーザル)を出して、その内容をクライアントで検討してプロジェクト内容を最終的に決定します。
提案書を依頼する際には、口頭で内容を説明する(オリエンテーション)だけの場合もありますが、プロジェクト依頼書(リクエスト・フォー・プロポーザル)という書面で要件を明記しておくことが、理解の齟齬を生まないために有効です。

《プロジェクト提案依頼書の内容例》

プロジェクトの背景と目的

  • どういう経緯で課題が発生したのか
  • プロジェクトで何を達成したいのか

期待するアプローチと成果物

  • どの程度の期間で、どのような作業内容を期待するのか
  • 成果物として何を実現したいのか

プロジェクト体制・予算

  • 自社側のリーダー、メンバー、関係部署など
  • コンサルタント側に期待する体制、予算イメージ
  • 提案書作成からプロジェクト開始までの日程案

提案書に期待する項目

  • コンサルタントによる課題認識、初期仮説、アプローチ、作業ステップ、体制・予算
  • コンサルタントの過去の関連実績紹介、メンバー候補の略歴

書面または口頭でのプロジェクト提案依頼を受け、Strategy&がプロジェクト提案書を作成いたします。提案書の作成は無償ですので、納得のいく提案書になるまで、改訂を重ねていくことがよい成果につながります。
提案書の項目は概ね下記のようなものになります。


《プロジェクト提案書の内容例》

  • プロジェクトの背景と目的
  • プロジェクトの課題に対する認識、関連する知見
  • プロジェクト・アプローチ
  • 期待される結果
  • スケジュール、体制、予算
  • 関連する過去の実績・経歴紹介