04/03/14
PwC、ブーズ・アンド・カンパニーとの統合手続きを完了

2014-4-3 New York - PwC(プライスウォーターハウスクーパース)は本日、ブーズ・アンド・カンパニーとの統合手続きを無事完了したことを発表しました。ブーズ・アンド・カンパニーのPwCへの加入に必要な規制当局による承認をすべて取得したことにより、同社は正式にPwCネットワークの一員となりました。統合取引完了のための要件もすべて満たしています。

今回を機に、ブーズ・アンド・カンパニーは、その名称を「Strategy&(ストラテジーアンド)」に変更することになりました。PwCの名称およびブランドと共に使用されるこの新しい名称は、ブーズ・アンド・カンパニーがPwCネットワークにもたらす戦略コンサルティング分野の強みと、今回の取引がすべての顧客とステークホルダーにもたらすであろう利益を反映するものです。なお、ブーズ・アンド・カンパニーの所有権の変更に伴い、短い猶予期間の後同社は法的に、「ブーズ」の名称を使用することが認められなくなります。

PwCネットワークにStrategy&のチームを迎えるにあたり、プライスウォーターハウスクーパース・インターナショナル会長のデニス・ナリー(Dennis Nally)は、次のように述べています。「本日は、PwC、お客様、ステークホルダーの皆様にとって重要な意味を持つ日となりました。今日、企業は未曾有の破壊的な脅威に晒されながら経営をしており、適切な戦略およびそれを実行する能力をより強く望んでいます。PwCとStrategy&は一体となって、グローバルな規模でお客様とステークホルダーの皆様に優れた価値をお届けし、優秀な人材を集め、世界中の企業の能力向上を支援していくことにより、こうしたニーズに応えてまいります」

また、ナリーは次のように加えています。「PwCとStrategy&の統合により、PwCがリードするグローバルのコンサルティングビジネス環境の変化が生じるでしょう」

Stragety&のCEOであるチェザレ・R・メイナルディ(Cesare R. Mainardi)は次のようにコメントしています。「世界をリードするプロフェッショナルサービスネットワークであるPwCの一員となることを嬉しく思っております。これにより、私たちは戦略を市場へのインパクトへとつなげていくための、より大きく、幅広く、かつ素晴らしい機会をお客様と従業員の両方に提供できるようになりました」

「Strategy&は、幅広さと深さを兼ね備えたPwCの専門的なアドバイザリーのサービスラインに、100年間積み重ねてきた実践的戦略アドバイス業務の経験値をもたらします。新体制開始日より、戦略から実行まですべてのサービスメニューを求めるお客様のニーズ、ワンストップで成果を得ることを望むお客様のニーズに応えてまいります。私たちは、グローバル企業に対し戦略から成果に至るすべての段階をサポートするための拠点、規模、リソース、そして定評ある能力を備えております。今後の展開を非常に楽しみにしています」

PwC Strategy&の取締役会議長には、PwCのパートナーおよびグローバルのコンサルティング部門リーダーであるトニー・ポールター(Tony Poulter)が就任します。また、Strategy&のCEOには、直近の2年間ブーズ・アンド・カンパニーのCEOを務めてきたチェザレ・メイナルディが就任します。

詳しい情報については、www.strategyand.pwc.comをご覧ください。


お問い合わせ

PwCコンサルティング合同会社 ストラテジーコンサルティング(Strategy&)
広報担当 須田・眞鍋
Tel: 03-6250-1209
Fax: 03-6250-1201
Email: [email protected]