Yasuhiro Yoshida
吉田 泰博

吉田 泰博 の経歴

  • 東京大学理学部卒。
  • IT企業勤務後独立、システム開発のマネジメントを経て現職。

 

私はStrategy&(旧ブーズ・アンド・カンパニー)に入社する前、10年間にわたり、IT・システムの開発に携わってきました。多数のシステムを開発していく中で、大半のシステムがクライアントの本質的な課題・問題の解決に結びついていない状況に疑問を持っていました。
そのような疑問を感じていた折、Strategy&のメンバーから、クライアントの経営層から現場まで巻き込んで課題を抽出し、課題の真の絵姿をクリアに描き出した後、ITやその他のツールを駆使して解決している事例を紹介してもらったことが、戦略コンサルタントの立場からクライアントの問題解決に向き合う動機となりました。

Strategy&での戦略コンサルティングは、事前に聞いていたとおり、クライアントの経営課題へ総合的にアプローチするものです。Strategy&ではよく「クライアントを巻き込む」という言い方をしますが、経営課題の解決に際して、経営層の問題意識をヒアリングするだけでなく、現場でクライアントと肩を並べて、クライアントと協働して課題を解決するケースが多くなっています。この手法により、現場の経験に基づく知見にコンサルタントの提示するストラクチャを通すことで得られた実効的な解決策を立案できた際には、大きな達成感が得られます。

そのようなコンサルティングプロセスの中で、これまでの経験・スキルを活用できることに醍醐味を感じています。プロジェクトは複数名でチームを組み、クライアントに対して価値を提供していくものですが、求められる価値は画一的なものではなく、様々な価値の出し方があります。私の場合は、システム開発のバックグラウンドから、システム開発PMO等のプロジェクトに価値が提供できるわけですが、その他の戦略コンサルティングプロジェクトにおいても過去の経験に助けられることが多々あります。例えば、各種プロジェクトで発生するシミュレーションモデルの構築に、数値を分析するスキル、事象を整理するスキルが活用できています。

さらに、様々なバックグラウンドを持つチームメンバーから、時には厳しいフィードバックを貰い、新たな気づきや示唆を得ることが成長につながっています。

そして、Strategy&の最大の特徴と私が感じていることですが、共に働く仲間が優秀であり、社会人として成熟したメンバーであるため、大変働きやすい職場になっています。周囲が優秀ですので、正しい意見はすぐに受け入れられ、さらにその内容を昇華させて成果に繋げることが可能です。また、皆、人を助ける意識を持った成熟したメンバーですから、不必要な労力・行動を強いられることもありません。

Strategy&は、これまでに培ってきた経験をレバレッジできる場であり、入社初日にパートナーから言われた“Have Fun”という言葉のとおり、コンサルティングを“楽しむ”ことのできる環境です。クライアントの課題解決に力を発揮し、自らを成長させたい方には、非常に適した場であると思います。